〈 嘔吐 〉         

久しぶりに連絡を頂いた奥様。
赤ちゃんのガサガサ肌は、スベスベになり、元気に保育園に通っているとの報告を頂きました。
「それで、今日は主人が・・・」
ここ数日、ご主人が異常な嘔吐で苦しんでいるとのお話しでした。
水を飲んでも吐く、何も食べれない。
意識が遠のく。
そんな話でした。
急に温度が上がったことで、身体が追いついてないのかなぁ?と思いながら話を聞いていました。

この家族は、数年前に糸島に移住された方でした。
糸島移住で、出会う方々は、ちょっとこだわっている方が多いです。
この家族もあまり病院に行きたくないという話。

こんな時、ホメオパシーレメディーキットを持っていらっしゃれば、まずは手を出せます。
ホメオパシーの基本キットを持っていらっしゃたので、以下の手順でとってもらいました。

ただ、こんなに衰弱している場合、レメディーだけでは力不足。
それで、ミネラルを先に使います。
希望の命水」を少し、(水に薄めても構いません)口に含みます。
舌下吸収のイメージで。

これから、レメディーの出番です。
➀Ip.とNux-v.を5分おきに、2回リピート
➁Chin.とArs.を5分おきに、2回リピート
➂Arn.とLach.を5分おきに、2回リピート

この方は、最近頑張りすぎていらっしゃったので、➂の内容も追加選択しました。
➁までの段階で変化がなければ、連絡をくださいと言っていました。
連絡なしで、1時間後、奥さんから電話。
「ありがとうございました。吐き気も治まり、顔色も良くなってきました。」

身体さん、ありがとう!ですね。
後は、もうしばらくミネラルを摂ってもらうようにお願いしました。

 

〈 虫刺され 〉      

雨上がり、そして、夏
そう! 虫の登場です。
蚊・ブヨ・蟻・ムカデ・ダニ 等々

虫に刺されたと思ったら次の順番に摂ってください。
Led. Apis. Bell. Staph. Calen.
まずは、手持ちのレメディーを使ってください。
蟻の場合は、Form.(赤蟻)とForm-ac.(蟻酸)のレメディーが有効的です。
ムカデの場合は、Mukad.レメディーをお使い下さい。
茶毒蛾のレメディー、Chadok.も作られています。
虫に刺されて、分泌物が出てグチュグチュしてしまう時は、Merc.を試してみて下さい。
幹部が赤黒くなった時は、Pyrog.やLach.をお試し下さい。
クリームを使う時は、Calenクリームをまずは試してください。

今年、chabは2回もブヨに刺されて、顔が腫れました。
レメディーだけで追いつかなかったので、ミネラル水で湿布しました。
それから、QX修正をかけました。

困った時に、使えるツールを持っておくと便利ですよ。
是非、お試し下さいね。